ごにょごにょ
小説とか日ごろの雑記を投げっぱなしにしてるブログ。 妄想全開(何
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔金さとり支援会話
支援会話集。
C~Aがパレット作で、Sが魔金太郎作。
なんで俺はこんなの書いてるんだろう( ´゚ー゚`)



たかし「さとりさん」
さとり「あ、えっと……梅原……さん」
たかし「そ、そんな挙動不審にならなくても別に僕は襲ったりしませんよ?」
さとり「い、いえすいません。人と話すのは苦手なもので……」
たかし「そっか、さっき助けてもらったお礼言うだけのつもりだから」
さとり「あ、あれは……メンバーとして当然の……ことですから」
たかし「いやー、一歩前に出て6人ぐらいから総攻撃された時はおしまいかなって思ったよ。ハハッ」
たかし「それにしてもさとりさんのサードアイはすごいな。相手の気持ちが読めちゃうなんて、すごいなーあこがれちゃうなー」
さとり「……そうでもないですよ。読まれて……迷惑な思いをする人もいますから……」
たかし「そうかー。でも読まれるってわかってんなら素直に話せばいいだけだと思うんだけど」
さとり「……」
たかし「おっと、おしゃべりが過ぎてしまった感。趣味のバスケの時間なんだ! じゃあ、また!」
さとり「あ、はい……」

たかし去る。

さとり「発言も心も全く同じ人、初めてです……。梅原たかしさん……ですか」

テレレレレー

たかしとさとりの支援レベルがCになった。






たかし「さとりさん」
さとり「あ、たかしさん……」
たかし「また世話になっちゃったな。カウンターで死ぬところだったわー、かーっ」
さとり「たかしさん、あまり無理をしないでください。命は一つしかないのです」
たかし「でも俺が少し身体張ればさとりさんみたいな後衛のみんなを楽させることができるんだ」
さとり「で、でも……」
たかし「それに危ないときはさとりさんが助けてくれるしね」
さとり「そっ……そんなに、信用されても……困ります」
たかし「照れてる?」
さとり「て、照れてなんかいません!」
たかし「冗談だよ、ハハッ。心配かけないようにもっと強くなってみせるからね! まずはレイ相手に勝率8割だ!」

たかし去る。

さとり「あんなに真っ直ぐに信頼されて……私はどうしたら……」

テレレレレー

たかしとさとりの支援レベルがBになった。






たかし「さとりさん!」
さとり「たかしさん」
たかし「なんであそこまでついてきたんだ。俺が守ってなかったら君は!」
さとり「でも守って……くれるのでしょう?」
たかし「そそ、それは勿論だけど……」
さとり「たかしさんはこんな嫌われ者の私を信頼してくださいました」
さとり「ですから、私もたかしさんを信頼します」
たかし「さとりさん……。それなら、俺の背中を任せてもいいかい?」
さとり「はい。私がたかしの第三の目となりましょう」
たかし「やっほーい! よし、じゃあ握手しよう!」
さとり「握手……ですか?」
たかし「お互いの信頼の証をするとき人間はこうするんだ(しきたり)」(ギュッ
たかし「よろしくなさとりさん。いや、さとり」
さとり「はい。よろしくお願いしますね……たかし」

テレレレレー

たかしとさとりの支援レベルがAになった。





たかし「さとり!」
さとり「あ、たかし。きゃっ」
たかし「危なかった……地霊殿の主なだけあって敵に狙われやすいんだから、注意しないと」
さとり「嫌われ者の妖怪ですから……」
たかし「さとり。心を読む妖怪は確かに人間に恐れられるかもしれない。でも、全員がそうじゃない。少なくとも俺たちの仲間はさとりを嫌ってなんかいない」
さとり「!……そうですね……ありがとうございます。たかしは……私の身だけでなく、心も守ってくれるんですね……」
たかし「俺だってそうだよ。いつも心をさとりに守られている。さとりと一緒にいるだけで嬉しいし、安心する」
さとり「私でも、たかしの心を……守れるんですね」
たかし「俺はさとりを誰よりも信頼している」
さとり「私も……たかしを一番信頼しています」
たかし「じゃあ、手を出してほしい」
さとり「また握手ですか?」
たかし「これを……」
さとり「!……指輪……ですか」
たかし「お互いの、守護の誓いとして。受け取ってくれるかな?」
さとり「もちろん……お受けします。嬉しい……」
たかし「絶対に……さとりを幸せにしてみせる。ずっと一緒にいよう」
さとり「もうずっと……離さないでね。わたしの、だんなさま……」

テレレレレー 

たかしとさとりの支援レベルがSになった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pallet0909.blog123.fc2.com/tb.php/321-4d6b47f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。