ごにょごにょ
小説とか日ごろの雑記を投げっぱなしにしてるブログ。 妄想全開(何
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バカとサイキョーは紙一重
ストイッククラブ!で発行した「非想天則解体真書」に申し訳無さそうに載ってるチルノの小説をうp。
前書きの内容が決まらなくて酒の席で冗談で言ったことがほんとに実現してしまった一例。
「誰もよまねえだろwwwww」とか思いつつも同人誌に自分の小説載るのはアリだなと思ってしまった( ´゚ー゚`)


この小説は霊夢に「馬鹿ね。私に勝てるわけない」と天則の勝利台詞言わせたいだけのアレでした。


出来上がった同人誌をみると台詞だけフォントがいじられてて非常に見やすかった。
ちゃたさんの技法を使わせていただいています( ´゚ー゚`)

 チルノは両手をだらりと下げて夕日を背に歩いていました。
 いつもの彼女の元気な姿はありません。

「あう……あたいはサイキョーの無敵妖精だったのに」

 チルノは舌をまく思いでした、チルノは自分がサイキョーだと思っていたのに実はサイキョーじゃなかったのです。

「あの蛙……間違いなくチョーサイキョーだわ」

 そうチルノは、無謀にも土着神の頂点である洩矢諏訪子に挑み、見事に返り討ちにされてしまったのです。

「あたいと蛙、なぜ差がついたのか……」

 それは慢心と環境の違い――チルノにはわかっていました、このままではダメだと。

「でも、どうすれば――」

 チルノが無い頭を捻ろうとしたときです。
 足に何かがひっかかり、チルノは転びました。

「あたい!――もー、なによー……なにこれ?」

 チルノがつまづいた物は古めかしい本でした。
 「非想天則⑨解体真書」と書かれた本はチルノの心を鷲づかみにしました。

「あ、あたいのファーストインスピレッションにティンときたわ……これを読めば強くなれる!」

 チルノは立ち上がると、その本を抱えて自分の家へ帰っていきました。
 はてさて、チルノは本当に強くなれるのでしょうか?


 それは――次のページからのお楽しみです!




後日談

「そしたら勝てたんだよ! やはりあたいはサイキョーだった! チョーなんて修飾語はいらなかった!」

 後日、チルノは洩矢諏訪子に一泡吹かせる事に成功しました。
 今はそれを博麗神社の巫女、霊夢に自慢気に披露してるところです。

「……チルノが諏訪子に勝った?」

 霊夢は苦笑しました、諏訪子は間違いなく手を抜いたんだろうな、と。
 でもこんなに嬉しそうにしているチルノを目の前にすると本当のことはとても言えません。

「やるじゃない」

 そう声をかけるとチルノはえっへんと大威張り。

「でもあたい一人じゃとても無理だったけどね」

 と、チルノは一冊の本を出し、それを霊夢は手に取ります。
 本読めたの? という第一声をグッと霊夢はこらえます。

「ふーん、こんな古めかしい本が? 本当に?」
「これ読んだらあたいに勝てるようになるかもね!」

 その言葉には霊夢は即答します。

「馬鹿ね。私に勝てるわけがない」
「うわぁ、霊夢がけんそんしたー、あたいったらサイキョーね!」

 違うんだけど、と霊夢は言い返そうと思いましたがやめておきました。

「よーし、湖の妖精達に自慢してこよ! じゃーねー!」

 と、忙しなくチルノが飛び立ちました。

「あ、この本は!?」
「けんきょな霊夢に貸してあげるー!」


 チルノは首だけ霊夢の方に向けて言うと、寒気を振りまいて湖の方へと行ってしまいました。

「やれやれ、まあ折角だし」

 霊夢は借りてしまった本をパラパラとめくり始めました。
 そして読み終えたところで、閉口してしまいました。

「チルノ……この本に何が見えたのかしら」

 そうです、その本にはチルノが強くなれる要素などどこにも無かったのです。
 チルノがこの本から何を得たのか――霊夢にはわかりません、ただ諏訪子に勝ったという事実だけが残ります。
 本を閉じると、霊夢はチルノが飛び去っていった方向へ向き直りました。

「バカと天才は紙一重って奴かしら――」

 チルノの事を少しだけ見直した?霊夢でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
つまり対諏訪湖はまったく身に着かない本というわけか
2010/01/15(金) 19:20:02 | URL | 全一ニート #-[ 編集]
けんそん、けんきょ、そういう言葉を知ってるチルノに何故か違和感を感じる・・
頭悪い子ってことじゃなく頭弱い子だということの表現か・・・!
2010/01/16(土) 02:12:22 | URL | ザキ #-[ 編集]
>全一ニート
あれだ、バカでもノーヒントでわかるってことにしておいてくれ。

>ザキさん
バカすぎると動かせなくなってしまう脳みそバカな作者なので……。
2010/01/19(火) 14:27:46 | URL | パレット #w42vTZlM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pallet0909.blog123.fc2.com/tb.php/262-2004d0c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。